発熱

たかだか、2・3度体温が上昇したくらいのことで、私は考えられなくなる。 なんて、やわなんだろう。 それはとても怖いことだ。 考えないということは、活きていないということだ。 考えているから私は生きている。 考えているから私は活きている。 私は生…

ドーパミン ~幸せに関する考察~

日常に潜む小さな幸せと 非日常に顔を出す大きな幸せ。 心地よい音楽。声。会話。文章、言葉。眠り。 美味しい食事。紅茶。ジンジャーエール。少しのお酒。 臨時収入。入浴。 旅行。誰かと猛烈に通じ合う時。愛を得ること。 大きいから素晴らしいということ…

眉間

眉間 男は下手な誘いで女を誘う。女は下手な誘いと知りながらそれに乗ることにしていた。 男と女は焼き鳥屋に入った。二人が時折、通っている店だった。 その日は、ビールが飲みたい喉だった。 その店は、その日に限って、とても賑わっていた。 「みんな、ビ…

波乱の予感を柔らかく抱きながら、また春が来た。

おやすみ

つい、「ここに愛はありますか?」と尋ねてしまった。 もうこれ以上、自身や彼を誤魔化して継続することに意味を感じられなかった。 夕暮れや年の瀬が苦手な、何かを終わらせるのがとても苦手な彼に別れを決めさせた。 それは私の優しさでもあり、私のエゴそ…