渇き

誰かの、あるいは、何かの代わりではなく

気を紛らわせるための相手でもなく

ただただ、私を必要とされたい。

 

私が好きな私を愛せ。